美肌

二日酔いにはプラセンタ

大量にお酒を飲んだ日の翌日、ひどい頭痛や吐き気に襲われたことはないでしょうか。
二日酔いと呼ばれる現象ですが、何故飲んだ次の日にこのような症状がでるのでしょうか。

通常体内に入ってきたアルコールは、
肝臓のアセトアルデヒド脱水素酵素でアセトアルデヒドと水素に分解されます。
このアセトアルデヒドは毒性を持っているため再度肝臓で分解されて無害な酢酸になり、
最終的には水と二酸化炭素となって尿や呼吸などで体外へ排出されます。

しかし肝臓の処理機能を越える量のアルコールを摂取すると、アセトアルデヒドが体内に残ってしまいます。
分解しきれなかったアセトアルデビドが血液によって体中に運ばれると、中和するための多量の酸素が必要になります。
酸素を運ぶために血管が拡張し、周辺の神経を圧迫して頭痛が起こるのです。

また吐き気は胃から吸収されたアルコールが胃液過多を引き起こすのに加えて、
有害であるアセトアルデヒドを一刻も早く外へ出そうと嘔吐を促すために起こっています。

水を飲んで体内のアセトアルデヒドの濃度を減らせば、二日酔いの症状は緩和します。
アセトアルデヒド脱水素酵素が多ければお酒に強く二日酔いも起こりにくくなりますが、この酵素は増やすことができません。

二日酔いに一番いいのは自分に適した量のお酒を飲むことです。
ですが仕事の接待や付き合いなどでどうしても飲まなければならない時がありますのでなかなか難しいですよね。

そんな時にプラセンタは非常に有効です。
元々プラセンタは肝機能障害などの治療薬として用いられてきました。

二日酔いの症状がある場合は即効性のあるプラセンタ注射が一番ですが、
頭痛やだるさのある時に病院に行くのは一苦労ですので、普段から対策をしておくのがいいでしょう。
サプリメントやドリンク等はすぐには効果を実感できませんが、手軽で摂取しやすいので続けやすいかと思います。
日々の疲労回復にもプラセンタが効きますので老若男女に愛されています。

プラセンタは肝臓のみならず、疲労回復や美肌効果なども期待できますので、
健康や美容が気になる方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか。
また青汁も健康や美容に効果的です。
青汁の成分はこちらをご覧ください。