美肌

プラセンタパワーの恵み

プラセンタに含まれる成長因子(グロースファクター)は細胞分裂を活発にします。

母体から受け取った成長因子は通常24歳頃まで作用します。
その後プラセンタの減少により、老化が始まると考えられていますので、
少なくなっていくプラセンタを補うことができれば、若返ることもできるというわけです。
そんなプラセンタの原料はなんだと思いますか?

プラセンタに含まれる繊維芽細胞増殖因子はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどを作る繊維芽細胞を活発にします。
コラーゲンやヒアルロン酸は肌にいいことで有名ですね。

様々なサプリメントや食品がでていますが、
外部から摂取したものではほとんど吸収されないため効果が期待できないと言われています。
ですが、自分の体で作られたものならば、すぐに利用できるため肌への効果が期待できます。
プラセンタにその他の健康食品を組み合わせることでより効果が出る場合があります。
青汁のサプリメントなどとの組み合わせは良いでしょう。

プラセンタは肝臓にも効果があり、ラエンネック注射は肝機能改善薬として国から認可を受けています。
プラセンタの成長因子である肝細胞増殖因子は肝臓の壊死を防ぎ、傷ついた肝臓を修復再生する力があります。
濃度が高いため、少し匂いと痛みを伴います。

また同じく国から認可のおりているメルスモン注射は更年期障害などに使われています。
更年期障害はホルモンバランスが崩れたことによっておきます。
プラセンタには内分泌調節作用があるため、更年期障害に有用とされているのです。
珈琲の健康効果についての解説も、是非ご覧ください。

通常プラセンタ注射はこの二つのどちらかを使うことになりますが、
美容目的の場合だと保険適用外になりますので注意してください。

プラセンタの成長因子は細胞分裂を活発にするため、育毛効果も注目されています。
抜け毛は主にストレスやホルモンバランスの乱れによって起こると考えられています。
前述したようにプラセンタはホルモンバランスや自律神経を整える作用がありますので、育毛に効果があると考えられています。
こちら、プラセンタで美白を手に入れよう!のページもチェックしてみてください。

ストレスが起因している場合はサプリメントなどの経口摂取が適していますが、
それ以外の場合は直接毛根に塗布できるタイプのものがいいでしょう。
こちらの話題の美容成分プラセンタのサイトも、わかりやすいのでお勧めです。