美肌

プラセンタと冷え性

女性の大半の方が悩んでいる冷え性。

冬はもちろん夏でも冷房などできつい思いをしている方も多いかと思います。
最近では男性の患者さんも増えていると聞きます。

中医学では冷え性は未病と呼ばれ、万病の元とされています。
未病は健康と病気の中間に位置しており、病気になる前に治すことが重要です。

冷え性が起こると体にどのような弊害をもたらすのでしょうか。
体が冷えると内臓の機能が低下します。
胃や腸が消化不良を起こすと栄養が上手く吸収されませんし、
肝臓の働きが鈍くなると毒素の処理ができずに有害な物質が体中にばらまかれてしまいます。

汗をかくことも少なくなるので、毒素の排出も上手くいきません。
血行が悪くなるのでホルモンバランスや自律神経が乱れ、免疫力も低下します。
生理痛や月経前緊張症(PMS)などの婦人病にもかかりやすくなります。

このような状態ですと風邪などにも罹りやすくなりますし、
長い期間続くと自律神経失調症や精神疾患にかかることもあります。

糖尿病や卵巣機能障害により血行が悪くなり、
冷えを感じる方もいますので、症状がひどい場合は一度病院で検査した方がいいかもしれません。

冷え性は温かいものをとったり運動をしたりするのが一般的な解消方法です。
とにかく体の中からも外からも温めることが大切です。

冷やさないことが大切ですが、
仕事などの付き合いで冷たいものを口にしなければならなかったり、
職場や電車内の冷房が強かったりする場合などもありますし、難しいですよね。

そこでおすすめするのがプラセンタです。
プラセンタは細胞分裂を活発にして血行を促進し、血液を造る骨髄にも働きかけて造血を助けます。

自律神経調免疫調調節作用や内分泌調整作用、自律神経調節作用もありますので、
冷え性によって狂ってしまったホルモンバランスや自律神経を整える働きをします。
プラセンタの多岐に渡る効果についてはこちらをご覧ください。

プラセンタ注射が一番即効性があるといわれていますが、
サプリメントなどで手軽に補給できますので、冷え性に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。
こちらのプラセンタの効果的な使い方のサイトに、大変興味深い解説があります。どうぞ、ご覧ください。