美肌

鬱病にも効くプラセンタ

うつ病は抑うつ的な気分や不安、やる気がでない(精神運動抑制)などの精神的な症状と、
食欲低下や不眠などの身体的な症状を持つ、精神疾患です。

ここ10年ほどで患者数は激増しており、現代病の一つとされています。
原因ははっきりとしていませんが、遺伝や個人の性格や環境が関与していると言われています。

うつ病患者は脳内ホルモンであるセロトニンやノルアドレナリンが健常者よりも不足しています。
セロトニンとノルアドレナリンは正反対の働きをもつホルモンです。

セロトニンは安眠やストレス耐性に作用があり、またノルアドレナリンの量を調整する役割があります。
これが欠けてしまうと暴力的になったり睡眠障害を起こしたりします。

反対にノルアドレナリンは神経を興奮させる働きがあります。
ノルアドレナリンが減少してしまうと、無気力や意欲の低下に繋がります。

プラセンタはうつ病によい作用をもたらすと考えられています。
プラセンタは更年期障害の治療薬として長年医療の現場で使われています。
内分泌調整作用というホルモンバランスを整える働きをもっていますし、
自律神経の構成物質である神経細胞を増やす役割がある神経細胞増殖因子も含まれています。

うつ病患者は不眠に苦しんでいる方も多く、自律神経を整えることも大切です。
プラセンタは健康や美容にとても効果があります。
代謝を活発にするので冷え性や美肌効果も期待できます。

うつ病は生活が乱れがちになり、体の調子が悪くなり、それが病気を悪化させることもありますので、
そういった体のいい変化はきっとプラスに働くのではないかと思います。
プラセンタはサプリメントや化粧品などでとることができますので、気軽に始められられるのも魅力の一つです。
http://xn--0-tfum8g1dtc.net/ra_sap.htmlでプラセンタの人気商品が紹介されているので、選ぶときの参考にしてください。

うつ病治療で一番大切なのはきちんと病院で治療を受けることですので、
プラセンタをとってよくなったと思っても医師の指示なく薬はやめないでください。

また、飲んでいる薬によってはサプリメントなどに含まれている成分との相性が悪い場合もありますので、
プラセンタを取る場合は医師の方と相談されることをおすすめします。
こちらに高品質のセサミンの摂取方法についてのサイトがありますのでよかったらご覧ください。
みなさんもプロポリスで健康生活始めてみませんか。